HOME
ご挨拶
ご案内
人間ドック
所在地

Attention!ガンマナイフ
64列マルチスライスCT
乳房温存手術
経皮的冠動脈形成術
内視鏡下椎間板摘出術
拡大内視鏡を用いた精密検査および治療
骨塩量測定検査
経尿道的尿路結石除去術
体外衝撃波結石破砕術

Humanity! 老健施設 向陽苑

お見舞メール


求人のご案内

 

 


体外衝撃波結石破砕術(ESWL)


 体外衝撃波結石破砕術とは、音波の一種である衝撃波を体の外から尿路結石に向けて照射し、筋肉や田の臓器を傷つけることなく、結石のみを細かく破砕する治療法です。砂状に破砕された結石は尿とともに体外に排出されます。合併症や後遺症もなく尿路結石治療の第一選択肢となっています。
破砕

 当院では2014年10月にドリニエル社製 Delta II FarSight を新たに導入し、尿路結石症の治療を行なっています。

以下にESWLの特徴を挙げておきます。
FarSight
1.体に傷がつきません。
2.治療時間は約1時間です。
3.合併症・後遺症が少ない。
4.原則入院は必要なく、治療後すぐに日常生活、職場への復帰が可能です。
5.高齢の方や、他に病気のある方(高血 圧・糖尿病など)でも安心して治療を受けることができます。
6.健康保険が適用されます。

【 注 意 】
・結石の位置や大きさによっては、治療の前後に泌尿器科的処置を併用する場合があります。
・結石の位置や大きさ、性状によっては、経尿道的尿路結石除去術(TUL)や他の治療法をお勧めする場合もあります。