PET健診センター

PET・・・陽電子断層撮影法 (Positron Emission Tomography)

体内を特殊なカメラで映像化する最新の診断方法です。従来の診断と違い、細胞の活動状況を診ることができます。たとえば、がんを治癒するには早期発見がもっとも重要ですが、PETを用いると、一回の検査で全身のがんが発見されるようになりました。

従来の腫瘍の形を見るのとは原理的に異なり、腫瘍の機能を診ます。がん細胞は正常細胞より活動性が高いため、その違いが判別できるのです。